GAYひとり大地を行く

40代ゲイのひとりごと。19年間の社会不安障害との闘いを乗り越え、現在はより良い人生を求め日々模索中。

アメリカ旅行記⑨:ロサンゼルス到着

アメリカ滞在4日目はロサンゼルスへ移動です。

ラスベガスのホテルをチェックアウトした後は、旅行記②で紹介したスーパーシャトルで空港へ。 シャトルを待っている間に見ていて驚いたのは、殆どのお客さんがUberを利用していること。こりゃ、ロスかアナハイムで利用してみる価値があるかもとその時思いました。

ちなみにUber(ウーバー)とは、一般人が空き時間と自家用車を使って行うタクシーのようなサービス。配車の予約から決済までスマホアプリで行なうことができ、タクシー料金よりも割安。ドライバーは顧客から評価を受け、顧客はドライバーから評価を受ける相互評価システムで、ドライバーの信用性を担保している。また料金は距離に応じた定額制でぼったくられる心配もない。

ロスとアナハイムで実際に2度利用したので、後で感想を書きますね。

話は戻って、

ユナイテッド航空1861便、ラスベガス発ロサンゼルス行きへ搭乗です。

はじめてのロサンゼルス。留学中から長年憧れて続けてきた街だけに、興奮を抑えられないのと同時に、初めて訪れるとあって少々不安な気持ちも。

ロサンゼルスには離陸からわずか40分で到着しました。

ホテルまでの移動はまたまたスーパーシャトルにお世話になりました。

f:id:Masa-Oka:20190319191149j:plain

乗り場にはスーパーシャトルのジャンパーを着た黒人の兄ちゃんが落花生か何かをつまみながら立っていたので、ホテル名をつげると「そんなホテル聞いたことねぇな~」と言わんばかりの表情でスマホ検索し始めました。「あと20分待つよ」と言われたので待つことに。よく見ると道路のコンクリートには兄ちゃんが投げ捨てたと思われる落花生の殻が散乱。さすがアメリカ、ロサンゼルス、期待を裏切りません。「自分で食べた物ぐらいはちゃんと掃除してから帰ろうねっ」とは勿論言いませんでした(笑)

スーパーシャトルでホテルまで40~50分ぐらいかかったかなぁ~。僕は前もってホテルの外観をグーグルでチェックしていたので、ホテル前に来た時にすぐわかって、着いたぁ~と安堵したのですが、ドライバーさんホテルを見過ごしてしまい通過。ナビを見ながらホテルがないとか言い出してまたUターンして、結局僕が "I think, that is Double Tree by Hilton"と教えてあげました。ホテルには無事に到着したんだけど、「場末の格安ホテルでもあるまいし、ヒルトンなんだからプロのドライバーとして場所ぐらいはちゃんと覚えておこうねっ」とは勿論言いませんでした(笑)

スーパーシャトル、ラスベガスvsロサンゼルスではラスベガスの圧倒的勝利です。

f:id:Masa-Oka:20190319193626j:plain

ロサンゼルスでの宿泊先はこちら↑↑↑ 
Double Tree by Hilton Downtown Los Angeles
静かで落ち着いた雰囲気のホテルでした。ラスベガスのホテルが賑やかすぎたので、あまりの静かさに最初はえっ?と思ったけれど、レストラン、ミニストア、ジムも完備でとても快適なホテルでした。飲食店、スーパー、地下鉄の駅にも近くて便利な場所でした。

f:id:Masa-Oka:20190319194133j:plain

部屋はこんな感じ。ラスベガスのホテルにはなかった冷蔵庫とバスタブもあって、とても過ごしやすい部屋でした。

f:id:Masa-Oka:20190319220703j:plain

到着した日は遠くまで行かず、ホテルから徒歩10分以内の所にあるリトル・トーキョーまで行ってみました。夕食時だったのでかなり賑わっていました。しゃぶしゃぶ屋さんで夕食をと思ったけれど激混みで断念。

f:id:Masa-Oka:20190320000249j:plain

コリアンバーベキューのお店で夕飯を食べました。おいしかったけど、量ありすぎ。チキンステーキセットに天ぷらの盛り合わせまでついてくるんだもの.....ステーキなら天ぷらいらないって。リトル・トーキョーだからってなんでもかんでも日本的な物を添えなくてもいいのにと思いました。

f:id:Masa-Oka:20190319221502j:plain

ホテルの隣にはマルカイマーケットという日本食を扱うスーパーがあり便利でした。ロサンゼルス滞在中は毎日お世話になりました。割高ですけど、日本茶が飲めるのが嬉しかったです。

f:id:Masa-Oka:20190320003424j:plain

ラスベガスでもそうでしたが、留学時代からの大好物、アリゾナグリーンティが飲めたことが最高に幸せでした。日本でも販売すればいいのに........ほんとに美味しいんですよ

f:id:Masa-Oka:20190320000504j:plain

ホテルでの朝食はバッフェスタイルで味もGOOD! 料金はルームチャージオンリー。伝票にサインをするボールペンが全然書けないので、別のボールペンをお願いしたら、「書けてるから全然大丈夫!」とボールペン持ってきてくれない。全然書けてないんですけど~。ボールペン振ったりこすったりして何とかうす~く書いたけど、次の日からボールペン持参で行きました。

f:id:Masa-Oka:20190319221902j:plain

バッフェには白いご飯と味噌汁もあり、ネギ、豆腐、わかめが置いてありました。ですがこの味噌汁が激マズ!!! 日本人が飲んだらほぼ100%が不味いと感じると思います。これが日本の味噌汁だと思われたらと思うと、日本人として怒りがこみ上げてきました。ほんとに不味かったです。

ブルツリーバイヒルトンホテル、総合評価をつけるなら味噌汁分を減点して、90点というところでしょうか。もしこのホテルに宿泊する機会があるならば、バッフェの味噌汁にはご注意を(笑)

ロサンゼルス1日目はホテルチェックインとリトル・トーキョーだけで終了。

さあ、明日から本格的にロサンゼルスを満喫します。

まずは最大の憧れ、ビバリーヒルズへ行きますよ~

今日はここまで、次回につづく

では、また~