GAYひとり大地を行く

40代ゲイのひとりごと。19年間の社会不安障害との闘いを乗り越え、現在はより良い人生を求め日々模索中。

4年前の今日

いま会いたい人......それは

緊急事態宣言発令中のため、うちの家業も4月21日から休業していますが、5月16日から再開することになりました。

こんなに長く休んだ経験がないし、いつ再開できるのかわからなかったので不安で仕方がありませんでしたが、再開の日が決定したことで気持ちがとても楽になりました。

再開が決まってホッとしてお茶を飲みながらくつろいでいる時に、何気なくスマホのアルバムを開いてみたんです。すると"4年前の今日の出来事"として、2016年5月10日に撮影した1枚の写真が一番上に出てきました。父がストレッチャーに横たわり車(ストレッチャーごと乗せられる介護送迎専用車)に乗せられている時の写真でした。

あ~、今日だったんだぁ...........

母と兄にそのことを話して3人で4年前の今日の思い出話を少ししました。

末期の膀胱癌で肝臓と骨にも転移していた父は毎日毎日病院のベッドで「家に帰りたい」と言っていました。痛くて起き上がることも出来ないのに一生懸命起き上がろうとして「さぁ帰るぞ」とか「車をここまで持ってきてくれ」と言うのが日課でした。主治医に1日だけでも帰宅させることが可能か尋ねると危険すぎるということで認めてはくれませんでした。

それから数日してからでしょうか。その主治医の先生、とても熱血タイプでとても信頼のおける医師(その病院では断トツ人気の有名な先生)だったのですが、僕ら家族の気持ちを無視することなく僕ら家族には内緒で病院側と父の外出についてきちんと協議してくれて、次の3つの条件で外出許可という返答を頂きました。

①外出は4時間だけ
②ストレッチャーごと乗せられる車を自分で用意できること
③看護師が1人付き添うことを看護部長が許可してくれること

父の「家に帰りたい」という思いをわずかな時間でも叶えられる可能性が出来て心の底から嬉しかったです。

ストレッチャーが乗る車。最初は戸惑いました。自分で用意して下さいと言われても、どうしたらいいのか........すると病院側から介護送迎を行っている会社を紹介されました。そしてそのことを知人に話すと、なんとその介護送迎をしている会社の社長さんを直々に知っているとのことですぐに手配をしてくれました。そして更に驚いたことに、偶然にもその社長さんは父の大学のアイスホッケー部の後輩。父より20歳位後輩なので父との面識は全くない方でしたが、まさに体育会系育ちで「先輩のためです。私に任せて下さい!」と力強く言ってくださいました。本当にいい方でした。

③の看護師1人が付き添いというのがクリアできるかが一番心配でした。と言うのも、これまで看護師が付きそった外出許可はその病院では前例がないとのことで、看護部長が許可してくれるかわからなかったからです。しかし、これも無事にクリアしました。後で別の看護師さんに聞いたところ、S先生(主治医)に対する絶大な信頼があるからこそ実現したとのことです。

そして、2016年5月10日、念願の父の一時帰宅が叶ったのです。

うちにいられたのは2時間程度でした。父の大好きな水羊羹を用意しましたが、それを口にすることはありませんでした。家族と親戚の叔父・叔母でストレッチャーに寝た父を囲んで沢山話をしました。父はただ黙って話を聞くだけで「うん」とか「あー」ぐらいしか言いませんでした。病院への帰路の途中、「楽しかった?」と聞いたら「疲れた」と言っていました。

次の日病院へ行くと、看護師さんから「お父さん、すごく喜んでましたよ~。うちに帰れて嬉しかった~って何度も言ってましたよ」と聞きました。僕らには「疲れた」とだけしか言わなかったのに.......でもそれを聞いてわずか2時間程度だけど帰宅させることができて、先生に無理を承知で頼んでみて本当に良かったと思いました。

そして、それから6日後の2016年5月16日、父は旅立ちました。

コロナ禍で休業中ですが、店の再開を決めたのが今日5月10日。
4年前の今日、父が一時帰宅した日。

店を再開する日は5月16日。
4年前の5月16日、父が天国へ旅立った日。

甥っ子は、「何でもかんでもじーちゃんに結びつけるんだから」と笑うけれど
息子の僕としては何か運命を感じました。

はてなブログの現在のお題が「いま会いたい人は誰?」

 

僕がいま会いたい人

それはお父さん

僕にとってたったひとりの永遠に76歳のお父さん

今頃天国で何してるのかな........

今、"お父さん"とタイピングしたら急に涙が溢れ出てきてしまいました.........

この2年ぐらいは涙を流すことなく父のことを考えられるようになったのに、今日はちょっと涙腺がゆるいようです。

涙を流したら、

コロナ禍なんかに絶対負けない!

中小企業経営者側の人間として

そう決意が固まりました。

では、また~










 

 

 

 

今週のお題「会いたい人」

Do you believe this or not ?

コロナウイルス終息の予言

ある英語記事に言及しているツイートを見たのでその記事を読んで見ました。

インドの14歳の少年が去年の8月、彼自身のYouTube動画で2019年11月~2020年4月にかけて世界中に病気が蔓延することを予言していたそうです。咳やくしゃみで病気が広がるので、人との距離を保つことが重要だとも言っていたそうです。そして2020年3月31にそれはピークを迎え、5月29日に人間の力によってコントロールできる、つまり終息するだろうとのことです。いちおその動画を見てみましたが、ホントに去年の8月にそう予言していたみたいなんですよね。予言通りそうなればいいのですが........
単なるイタズラ的な記事なのでしょうか? それともエイプリルフール?記事の内容を検証するべく、明日から世界の感染状況を以前にも増して注視したいと思っています。

僕はどっちかと言うと、こんな状況ですから信じる!と言い切りはできませんが、信じたい気持ちでいっぱいです。

記事は英文なので、時間があるときに訳して載せたいと思います。

信じるか信じないかはあなた次第です。

 

Corona Virus To End May 29th, Says Indian Boy Who Correctly Predicted It's Start, 8 Months Ago

 On August 22nd 2019, on his YouTube channel conscience, 14 year old Abighya Anand, predicted that the world will enter into a tough phase starting November 2019 to April 2020.
 This 6 month period will see spread of a global disease and rise in global tensions. At the height of it all will be March 31st which will mark the climax of this state, with the world looking tense.
 However on May 29th as the earth orbits away from this tough period, it will mark the decline of the global disease as spread of it will be more manageable.
 Anand, is a famous Indian protégé who has been featured on numerous magazines. Notably in 2013 he was interviewed on the Indian Times where his astrological skills were put to test. And to the amazement of many, his knowledge on astrology was considered child’s play.
 He has rightly by use of astrology predicted prices of gold and silver and other Indian related activities.
 On the corona virus, it is to be noted that it is a global war. A war between the virus and humanity, and whether governments are involved is your guess. But one thing is clear, it is war nonetheless. This he insists. Why Anand considers March 31st to be the climax is based on astrology. Where he cites that Mars will conjunct with Saturn and Jupiter while the Moon and Rahu, will also conjunct. Rahus is the north node of the Moon.
 This is a rare occurrence since in astrology Mars Saturn and Jupiter are considered the most powerful planets due to the fact that they all are on the outer ring of the solar system. Hence when they are all aligned, their power over earth is enormous.
 While as for the Moon and Rahu conjunction, it is also very powerful since the Moon is considered the planet of watery spreading. While as for Rahu it is considered the communicator planet.
 In terms of watery spreading he notes that, the coughing and sneezing will happen mostly at this time thus spreading the disease further. It is thus vital to observe social distancing during this time. That is March 31st and April 1st.
 As for May 29th according to his astrological understanding the axis will be broken, and thus the planetary arrangement more favorable for a cure.
From this point on cases of reduction of the disease will be reported. As for the economy, the slowdown is predicted to end in November of 2021.

では、また~ 
 






 

全員集合世代

志村けんさん....................

彼の訃報は衝撃があまりにも大きすぎて言葉がありません。

全世代に知られて人気のある方だから多くの人が衝撃を受けたことでしょう。しかも新型コロナウィルスによる肺炎が原因だなんて......

新型コロナウイルスに感染した人の遺体は、「非透過性納体袋に収容、密封することが望ましい」、遺族等の意向にも配慮しつつ「極力そのままで火葬するよう努めてください」と厚生労働省が葬祭業者に示しているようで、ご親族の方は志村さんの顔を見ることもできずお別れしなくてはいけない可能性もあるそうです。そんな悲しいことってある?信じられません........

僕らの世代にとっては、土曜の夜8時と言えば「8時だョ!全員集合
物心ついた頃~中学時代、家族全員で毎週見てました。「オレたちひょうきん族」が台頭し始め全員集合の人気に陰りが出てきても、うちは最後まで全員集合派でした。

全員集合だけではありません。「ドリフ大爆笑」「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」「志村けんのバカ殿様」「志村けんのだいじょうぶだぁ」も見ていたので、おそらく志村けんさんが僕のこれまでの人生の中で最も多くTVで見たコメディアンかもしれません。あ~、あと森光子がお母さん役のドリフの番組もありましたよね。同世代の方なら知ってると思います。色々と思い出します。

加藤茶が「コロナが憎いです」と追悼コメントを出していたけれど、ホント憎いですね。志村けんさんの訃報を受けて、中国や中国人に対するヘイトコメントが激増したそうだけど、色々と言いたい気持ちもわかります。でも今はそんなことをしている場合ではないと思います。とにかく感染を予防し、感染を拡大させないよう努めるべきですね。

京都の大学生
大学側が何度も告知したにもかかわらず(よって大学側には一切の責任はない)、感染拡大中のヨーロッパに旅行し帰国後クラスターを引き起こす始末。無責任にも程がある。

3月21日にガラガラの飛行機でホノルルへ向かい、結局23日に緊急帰国した人の動画をYouTubeで見たけれど、誰も歩いていないワイキキの貴重な映像をありがとうという気持ちはあるけれど、何で行くかね?と理解に苦しみます。

こういった無責任な行動をとる人達や、自分は大丈夫と思っている人達(特に若い世代)に、コロナウィルスの恐ろしさが志村けんさんの死を通してきちんと伝わればいいなと思います。

最後に、志村けんさんのやつで何が面白かったかなと考えたら色々とあるんだけれど、僕はバカ殿で由紀さおりとの掛け合いが好きでした。

では、また~

 


ドリフターズ コント集 バカ殿(9)



 


バカ殿様 由紀さおり 年齢詐称




思い出のノースウエスト航空

コロナが完全終息した暁には、またビジネスクラス無料でハワイに行きます!

今、外出自粛要請で人出が少ないですからね。だからうちの家業も暇でございます。外国からのお客様なんてひとりもいやしない........だからと言って自分がどこかへ出かけるということも出来ないし。はぁ~、憂鬱です。

 

憂鬱な気分とは言え、ブログを書くのであれば気持ちが沈んでしまうようなことは書きたくないなぁと思っていた一昨日、デルタ航空、成田空港からラストフライト。旧ノースウエスト航空からの一時代が終わる」という記事を読みました。久々にノースウエスト航空という名前を目にして懐かしい思い出が蘇ってきたので、そのことに関して今日は書いてみたいと思います。

まず記事の内容を要約すると、2008年に旧ノースウエスト航空デルタ航空が合併に合意し、2010年1月に旧ノースウエスト航空が最後のフライトを行い、その後はデルタ航空としてこれまで運航してきたわけですが、2020年3月28日にデルタ航空は成田発着便を全て終了し、3月29日からは全便が羽田空港発着に移行するということで、旧ノースウエスト航空時代から42年間の成田での歴史を終えたそうです。新型コロナウィルスの影響でフライトが次々とキャンセルされ、成田での歴史を終える最終日はシアトル便とアトランタ便のたった2便だけだったそうです。何とも寂しい........

記事では、日本においてはデルタ航空よりも合併前の旧ノースウエスト航空の印象が大きいだろうとも書かれていますが、確かにそうだと思います。僕はノースウエスト航空が凄く大好きだったんです。サービス面などで世界的な評価はそれ程良くなかったけれどホントに大好きでした。

僕がアメリカ留学に飛び立ったのは1993年5月28日。

生まれて初めての海外。生まれて初めての成田空港。生まれて初めての飛行機。
その時に乗ったのがノースウェスト航空成田発シアトル行きでした。

f:id:Masa-Oka:20200330081011j:plain

                                Wikipediaより

今は機内のどこにトイレがあるのか承知しているけれど、なにせ初めての飛行機で何にも知らないから、かなり太めで年配のアメリカ人客室乗務員さんに、拙い英語で"Where is the restroom?" と聞いたら、"In the back"  と返ってきたのを鮮明に覚えています。その時の乗務員さんの顔もその時1回だけ見ただけなのに今でも鮮明に覚えています。よくよく考えてみると、"Where is the restroom?”という英語が僕にとってアメリカ留学の際に使った正真正銘第1号の英語なんですよね。今となっては、機内でトイレどこですか?と聞くなんてホント何にも知らないモグリみたいでちょっと恥ずかしい.........
でも、社会不安障害で苦しんでいた僕が握りこぶしの中にわずかに残っていた勇気を振り絞って、渡米と言う一世一代の大勝負に出たその出発日のことがよく思い出される出来事で思い出すと胸がジーンとしてきます。

その初めてのフライトからとずっとノースウエスト航空

ハワイへ越してからもノースウエスト航空ONLY

日本に完全帰国してからも、ハワイに行くときは絶対にノースウエスト航空 

ハワイ在住中に知り合った米国人ゲイの方はノースウェスト航空の客室乗務員。仕事が本当に楽しいといつも言ってましたし、男の乗務員は殆どゲイだから働きやすいよ~と聞かされていたので、いつしか僕も客室乗務員を目指すようになり、それになれないとしてもとにかくノースウエスト航空に就職するんだという目標を決めて色々と準備を進めていた時期もありました。結局は航空関係には進まなかったけれど(人生最大の後悔の一つ)その後ノースウエスト航空が合併によりなくなると知ったときは非常にショックでした。

両親の知人がノースウエスト航空職員で、初めてのフライトからマイレージ会員になるように勧められ、最初からずっとマイレージを貯めていたおかげで、そんな身分では決してないのに何度かビジネスクラスのチケットをゲットすることが出来ました。初めてビジネスクラスに乗った時、成田のチェックインカウンターでビジネスクラスのラインに入ろうとした瞬間、スタッフに「お客様はこちらです!」とまるで問答無用の様にエコノミーの方へ行くよう促されたことがありました。チケットを見せたら慌てた様子で平謝り。それからビジネスクラス専用のラウンジに行ってからもそこのスタッフに「お客様ー!」と大声で追いかけられ、その方も僕のチケットを見て平謝り。よっぽど金のない男というか、ビジネスクラスに相応しくない男に見えたのでしょうね......(笑)それも今ではいい思い出です。

僕にとって最後のノースウェスト航空利用時の写真がありますので添付しておきます。
ホノルルまでビジネスクラス往復無料券で行った時のやつです。


その時も記憶に残るちょっとした出来事が。この時は通路を挟んだ僕の同列の日本人母娘がかなりのクレーマーで、空調設備の穴から水が垂れてきて洋服が濡れたとか何とか言いだして、日本人の客室乗務員に文句タラタラ。「水が垂れてくるなんてこの飛行機は危険だ」とか「手土産持って社長がホテルの部屋まで謝罪に来い」とか怒り狂ってる。そのうち「おにぎり握ってきて」「おにぎりないなら味噌汁持ってきて」などと言う始末。その後、一番偉いと思われる客室乗務員(外国人)も出てきて、何度も同じ話の繰り返し。離陸してから約2時間、その母娘のクレームを聞かされました。終いには客室乗務員が「そんなにこの飛行機が危険とおっしゃるなら、ここから成田へ引き返すよう機長に頼んでみますが......」と言った時、もう僕はその母娘にブチ切れそうになりましたよ。2時間も飛行してこんな馬鹿母娘のくだらないクレームのために引き返すなんて冗談じゃない。何とか気持ちを抑え込んで、そのまま飛行は無事に続きましたが........なんとその母娘、航空会社側が折れて飛行運賃無料で和解してました。なんだか凄いものを見た!という感じでした。

まぁ、そんな感じでノースウエスト航空には色々な思い出が残っているわけです。今ではデルタ航空に引き継がれているわけですが、成田空港へ行くたびにノースウェスト航空の雄姿が思い出されてちょっぴり寂しい気分にもなります。いい時代でしたね、あの頃は..........

 

f:id:Masa-Oka:20200329192705j:plain

f:id:Masa-Oka:20200329192721j:plain

             ホノルルの空港で撮影

f:id:Masa-Oka:20200330074804p:plain

その時の機内食です。

現在コロナウィルスで航空業界は非常に厳しい状況だと思います。
1日でも早くこの憎きコロナウィルスが終息し、再び世界中で飛行機が正常に運航されることを願います。我々日本人もまた国内外を自由に旅をしたいし、沢山の外国の方にも日本に来てほしいです。うちとしても早く外国からのお客様にお会いしたいです。

今日はこんなところです。


では、また~






 

大丈夫?日本

トイレットペーパー狂騒曲が流れてますね


今日はドラッグストア2軒、ホームセンター1軒に立ち寄ったらどこでも9割の買い物客がトイレットペーパーとティシュを抱え込んでました。

トイレットペーパーがなくなるなんてデマなのにね。

そんな光景これまで見たことないから記念に1枚収めておきました。↓↓↓

f:id:Masa-Oka:20200228162711j:plain

 デマと知りながら買ってしまう気持ちもわかります。群がる人を見れば心配にもなるし、買ったら安心感も得られるしね。特にトイレットぺーは毎日必要だし、沢山持っていても腐るものじゃないから.........でも、今は冷静に判断するべきだよね。

3軒目に立ち寄ったホームセンターでは若い女子定員さんが「TVでトイレットペーパーがなくなると言ってました」と堂々と言ってたので、その店員さんに「トイレットペーパーの98%は国内生産で不足することはないから安心してください・買占めはしないでください」と買い物客に説明した方ががいいと注意しようと思ったんだけど、異様な群衆を前にしてそれをいう勇気もなく家に帰ってきてやっぱり注意してくれば良かったかなと少々悔やみました。

事態が事態だから、世間をかき乱すデマを流した人はきちんと捜査して逮捕すべきだと思うんだけど。Twitterである人が、デマを信じてしまう人の中には「ハイターを薄めて飲めばコロナが死にます」というデマでさえも信じてしまう人がいるかもよと言っていたけど、ほんとそういう人も中にはいるかもしれないよね。あ~恐ろしい.........

学校も休校要請
ディズニーランド・シーも休園......

3月14日の聖子様のステージも中止。

コンサート中止、嬉しい..........

なんだか行くの怖くなっちゃって、中止になりますように......とずっと念じてたから、正直、中止の知らせをもらった時にはチケット当選した時よりも嬉しさ倍増

中止になって嬉しいなんて極めて異常だよね。

どうなっちゃうの? ほんとに.........

お互い気をつけましょう。とにかく手洗い徹底。汚れた手で顔、特に目、口、鼻を触らない!

では、また~


旅行自粛、コンサートは?

広島ひとり旅。中止しました。

やっぱり例の新型コロナウィルスがね。
行っても大丈夫だろうとは思うけど、毎日毎日ニュースを見てると不安が募るばかりで........今回はしばらく様子を見てみようという結論に。

これで広島ひとり旅の中止は7年連続。
行こうと計画するとちょうど父親の入院・手術と重なって、今度は行けると思ったら母親が腰を痛めて入院したり.......去年は突如アメリカ旅行が決まったからまたお預けになって..............そして今年こそはと思ったらコロナウィルス。
遠いな~広島 

そういう訳で、コロナウィルス問題が落ち着くまでは極力人混みは避け、広島行かない代わりにアウトレットでも行って (そこも人混みとは思うが.....) 洋服でも買って静かに過ごそうと思っていたら、3/14に開催される聖子ちゃんの東京・中野サンプラザでのコンサートチケット当選の知らせがファンクラブから届きました。

f:id:Masa-Oka:20200217183310j:plain

正直、今回は落選してもいいやと思ってたんです。やはりコロナウィルスのことが頭にあって、コンサートなど沢山の人が集まるイベントはどうかなと思ったし、しかもコンサートホールは密閉された空間ですものね。でも、いざ当選の通知をもらったら、嬉しくて嬉しくて......

せっかく当選したのだから勿論コンサートには行くつもりですが、天皇誕生日一般参賀が中止され、東京マラソンでは一般参加が取りやめになったというニュースを見ると、もしかしたらコンサートも中止になっちゃうかも......という不安がよぎります。

とにかく、1日も早くコロナウィルス問題が収束に向かうといいですね。ただただそうなることを願うばかり.....

コロナウィルスというnegativeな話題だったから、最後はマクドナルドのごはんバーガーのCMで使われてる全盛期の聖子様のSweet Memoriesの動画でも張り付けておきますわ。この曲をシングル曲だと思っている方もいるかもしれないですけど、B面です。もはやB面とは何か知らないという人もいることでしょう。

では、また~


松田聖子 SWEET MEMORIES





ようやく「きのう何食べた?正月SP」を見た

録画しておいた「きのう何食べた?正月SP」をやっと見ました。

シロさんとケンジのやり取りがドラマドラマしていないところ、まるで本当に存在するカップルの生活を覗いているかようなナチュラル感。老後問題というシビアなテーマにも触れてはいるけれど、それをひっくるめても全体的に温もりを感じる作品で癒されました。

好きな人のために料理を作り、それを美味しいと言って食べてもらえる。いいですねぇ~。心が温まる。そもそも料理というものは相手が誰であれ、美味しいといって食べてもらえるのが一番嬉しいですよね。僕もアメリカ時代は友人やポットラックパーティーのために料理をして喜んで頂いた経験が何度もあるし、交際していた男性にも手料理を美味しいと言って食べてもらえた経験もあって(ただこいつとの最後がなぁ、思い出したらムカついてきた.....怒&笑)、今も色々な人に料理をする機会はあるのだけれど、またいつの日か僕だけの"特別な人"に料理を作ってあげられる日が来ることを強く念じながらドラマを視聴しました......(笑) 

f:id:Masa-Oka:20200120220436j:plain

 相変わらずこのお二人は魅力的で適役ですよね。安心して見ていられます。僕自身、シロさんとケンジのどちらに近いのかなと考えると、シロさんかな? もちろん、顔じゃないですよ........(大笑)  性格的にね。顔が似てるなんて言ったら袋叩きにあい総スカンされるわっ。

f:id:Masa-Oka:20200120221227j:plain

この方かなりムキムキなんですね。イメージ的に細い人だと思っていたので驚きました。僕は筋肉質の方に対しては嫌いではありませんが、あまりにも鍛えすぎている体だとちょっと引いてしまいます。何事もほどほどに、普通の体型がいいですかね。

f:id:Masa-Oka:20200120221829j:plain
ジルベール君、今回はキャラクター的に結構いい味出してましたよね。この俳優さんの名前がわからないので調べてみて色々な写真を見比べてみましたが、この役の時が一番いいと思いました。磯村勇斗と言う俳優さんなんですね。実年齢27歳。ただただその年齢が羨ましい限り......

今回のドラマの中で共感する部分がいくつかあったのですが、その中でも思わず「わかる~」と声を出してしまったのは、シロさんのお母様が昔、シロさんが女性を好きになるよう願いを込めて怪しい壺や水にはまりお金を散財してしまったというシーン。

僕も似たような経験があるということではないのですが、危うくそうなりかけたことがありました。

僕の父が癌でいよいよ余命宣告された時、かなり動揺してしまって...........何が何でも父の癌を治さなくてはと一心不乱になって調べものをしている時に、クラゲだかキノコだか海藻だか忘れてしまったけれど、何かの抽出液から出来ていて癌細胞を撃退するという怪しい商品の広告を目にして..........1回の購入代金が7~8万ぐらいだったかな。よく考えればそんなもの効くわけもないのに、「ステージ4の私が完治しました」などという体験談を信じちゃって。しかも家族の誰にも相談することもなく、とにかくそれを1回買ってみようとなった時、「あと1週間だけ考えてみよう」と立ち止まったんです。その後、何かの拍子でハッと気づいて怪しい商品に手を出そうとしていた自分が何やってんだろう?と情けなくなって、結局は訳のわからない薬とされるものに手を出さないで済みました。

ドラマの中でシロさんのお母様が壺などにはまるのも、僕が怪しい薬を買おうとすることも、愛情があるからこそなのだろうけれど、受ける衝撃があまりにも大きすぎると冷静な判断が出来なくなって、藁にもすがる思いで怪しいものに手を出してしまうということもありうるということ。これは誰にでも起こりうることですから、どうぞ皆様もお気をつけくださいませ。

まぁとにかく、「きのう何食べた?正月SP」は本編にも劣らず楽しむことができました。またいつの日かドラマ化されるのを楽しみにしています。

なんだか無理やりconcludeした感があるけれど、今日はこのへんで

では、また~