GAYひとり大地を行く

40代ゲイのひとりごと。19年間の社会不安障害との闘いを乗り越え、現在はより良い人生を求め日々模索中。

マイブーム・2020夏

最近のマイブームについて書きます。

①ワークマン   

f:id:Masa-Oka:20200719070348j:plain

ワークマンと言えば、作業着などに特化したいわゆる"ガテン系"というイメージが強いと思うけれど、ここ数年は随分とオシャレになりましたよね。デザインだけでなく機能性にも優れているということで、僕の生活の中でも昨年頃からワークマンブームが巻き起こっております。

僕が普段愛用している服はBanana Republic, UNITED ARROWS, BEAMS, nano universeあたりで、家業の仕事をする時はほぼユニクロです。ワークマンには縁がないだろうと思っていたけれど、仕事の服装はとにかく"楽"を追求したくて、ユニクロよりも更に快適・機能的でお財布に優しく、しかもビジュアル的にOKなものを探していたらワークマンにたどり着きました。先日も細身でビジュアル的にOKで, 街着としても全然いける夏用ロングパンツを1本1,900円という嬉しい価格で3本買いました。でもちょっと丈が長いので洋服のお直し屋さんに裾上げを頼んだらお直し代1本1,100円で、結局1,900円で購入したパンツは3,000円になってしまい「えっー!!」とは思ったけれど、それでも3,000円ならまだ安いかなと思い裾上げしてもらいました(ミシンを覚えて自分で出来るようになろうかな)。出来上がったものを昨日ピックアップしてきて早速今日はいてます。涼しくて心地よく幸せです。

f:id:Masa-Oka:20200719180803p:plain

いちお撮ってみた........


②DHC Revitalizing Hair Care Dark Brown

f:id:Masa-Oka:20200719112906j:plain

髪は女の命とは言うけれど、男性にも大切ですよね。アラフィフ男子の髪の悩みと言えばやっぱり薄毛・白髪。僕の兄は典型的男性型脱毛症でM字はげ&てっぺんはげで坊主にしていますが、僕の髪はおかげさまでフサフサと生えており、ハリ・コシもしっかりしております(父は76歳で死ぬまで青年のようにフサフサでしたのでその遺伝子ならいいんですけどね)
ただ白髪があちこち出没して自分で染めるのですが上手にできないのが悩みの種で、染めるのが面倒なのでいっそのこと全部真っ白になってしまえばいいのにと思っていた所、最近このDHCのヘアカラートリートメントと出会って白髪の悩みがほぼ解決しました。白髪染めと違って嫌な匂いはなく、トリートメントだから毎日使え(僕は週3回使用)、今まで上手にできなかった短い毛も綺麗に染まるので重宝しています。


③冷感マスク

f:id:Masa-Oka:20200719112952j:plain

ホント暑いですよね、マスク。これからもっと辛くなりますよ。TVで夏用マスク特集を見てどれもマスクにしては高いので、もうちょっとお手頃価格のマスクないのかなぁ~と思っていたら、近くの店で冷感マスクを発見しました。確かに普通のマスクよりかは涼しい。それに普通のマスクより着け心地が断然良い。冬でもこのマスクでいいかもしれないです。繰り返し使えて3枚入り399円。買いだめしておこうと思います。

大村雅朗さん

f:id:Masa-Oka:20200719171634j:plain

聖子オタなら誰でも知っているであろう、全盛期の松田聖子サウンドを作り上げた稀代の作編曲家・大村雅朗さん。編曲家として山口百恵、吉川晃司、渡辺美里など多くのヒット曲を手掛けた方ですが、特に聖子ちゃんには思い入れが深かったようでシングル・アルバム共に本当に沢山の曲を手掛けてくださって(僕の数え方が間違ってなければ104曲)、「Sweet Memories」の作曲家としても知られています。残念ながら1997年に46歳の若さで亡くなってしまい、先日、BSで放送された「風の譜~福岡が生んだ伝説の編曲家 大村雅朗」という番組を見て、大村さんの存在はずっとずっと前から知ってはいたけれど、番組を見て以来何だか大村さんに恋をしたような気持ちになり、聖子ちゃんのために大村さんが手掛けた曲を厳選したCDアルバムを(入っている曲は全部持っているので今更買う必要はないが)買いました。せっかくCD買ったのにもったいなくて開けられないんです。買った意味がないじゃん! 


松田聖子/瞳はダイアモンド   生前の大村さんと聖子様


松田聖子 - 櫻の園 (1999)

大村雅朗さんの作曲家としての遺作。作詞家の松本隆先生が生前の大村さんから預かりずっと未発表のままだった曲。大村さんの死後、この曲を松田聖子が歌ったら大村さんが一番喜ぶだろうと松本先生は思い、新しい詩をつけて大村さんへのトリビュートソングとして発表。レコーディングの際、聖子ちゃんは突然泣き出してしまって歌えなかったというエピソードも。とても美しい曲です。



今日はこんなところです。

あっ、そうそう。10月の聖子ちゃんの武道館なくなりました。今年のコンサート全て........仕方がないよね。なのでもったいなくて開けられないでいるCDを開けてじっくり聴こうと思います。

では、また~

 

 

 

 



大人の階段昇る

現在19歳、大学2年生になる僕の甥っ子。

コロナ禍で大学はオンライン授業のみになり、スポーツ部の学生寮も閉鎖中で3月から両親(僕の兄夫婦)のいる自宅には戻らずうちに居候しております。自宅に戻らないと言っても近いので行ったり来たりしてるのですが、なぜか食事と寝泊まりはうちでしています。体育会系で明るく、今の言葉で言うならまさに"陽キャ"の青年です。

僕は甥っ子に陽キャとは真逆の"陰キャ"だと言われており、まぁ間違いではないけれど、甥っ子に教わるまで陽キャだの陰キャだのという言葉は知らず、そういう言葉とか今の若い子が聴く音楽とか文化とか教わることが沢山あって世代のギャップをつくづく感じています。先日モノマネの番組を見ている時に、「長渕剛って誰?」と聞かれた時にはそんなこと僕ら世代には考えられないことだから、もうそんな時代が来たかと驚きました。逆に僕は今どきの音楽をよく知らないから、甥っ子に「この曲知らないなんて人間終わってるよ」と言われて「1980年代の曲なら殆ど知ってるよ」と言い返すと、「1980年代なんて戦時中だろ」と更に言い返されたりするなど、毎日40代陰キャVS10代陽キャの言葉の応戦を繰り広げています。昨日からめずらしく自宅に戻っているので久々に静かな夜を過ごしていますが、また明日戻ってくると言うので再び陰キャVS陽キャの戦いが始まることでしょう。

さて、その陽キャの甥っ子なのですがとにかく幼い頃から片付けが苦手。ありとあらゆる私物をあちこちに置きっぱなしにしてあり、特にうちの居間のテーブルの上はすごいことになっています。あまりにもひどいので脇へ片付けようとしたら彼の財布がポンと置かれており、いくらぐらい入っているのか気になって中身を見てみたんです。

本当はたとえ自分の子供と言えども、特に高校生以上(もしくは中学生以上)ともなるとプライベートな部分が出てくるから私物を勝手に見ることは良くないことでしょう。でもその時は「お小遣い足りてるのかな?」ぐらいの気持ちでついつい彼の財布の中身を見てしまいました。現金は数千円、レシートが何枚か入っていて、そしてそのレシートの間にオ・カ・モ・トと書かれた白い四角のパッケージが.........こっ、こっ、これは............コ、コ、コンドーム。僕は見てはいけない物を見た気がしてとっさに財布を閉めて置きました。

財布を置いてしばし気持ちが混乱し、体が震えるわけではないけれど、あたかも震えているような感覚。一生懸命見たことを忘れようと違うことを考えようとするのだけれど、どうしても気持ちを紛らわすことができない。

小さい頃僕のベットの中に潜ってきてまとわりついてきたあの子が.........
ファインディング・ニモとピーターパンのDVDを一緒に何度も何度も見たあの子が.....
段ボール箱を何個も並べて"ホームレスごっこ"をしていたあの子が.......
去年行ったアメリカでユニバーサルスタジオとディズニーランドで小学生のように大はしゃぎしていた子が..................

財布の中にコンドーム

冷静に考えれば彼は大学2年生。そんなこと全然普通ですよね。まして男子だし。
自分だってそうでした。まぁ19歳の時はまだだったけれど
僕なんかは相手が男ですからね.......Dick, Cock, Dick, Cockを追いかけていました(笑)
それに比べたら大学生の男子が女子のvaginaを追いかけ行為に至ることなんて全く普通すぎて何でもないことなのに、なんだか少々動揺してしまって...........

ショックとはまた違う、何とも表現しきれない今まで経験したことがない気持ち......

認めたくないんだけど認めざるを得ない、でもすっきりしないモヤモヤ感

いつまでも子供だと思っていたのに、もう立派な大人の男なのですね

ただコンドームが財布に入っているだけで未経験とは思えないんですよね。
スポーツ部に所属していて先輩に色々と連れていかれるだろうし、クラブにも頻繁に行くみたいだし、自然と女の子との交流もあるだろうし........

着実に大人の階段を昇っていると思えば納得するけれど、でもちと衝撃

財布の中身を勝手に見てしまったことは勿論黙っていますが、これからは人生の先輩として、男の先輩として(ゲイだけど)彼を静かに静かに見守っていこうと思います。

はぁ~、甥っ子がコンドームを持ち歩くようになったか
自分も年取るわけだなぁ..........

僕自身も頑張らないと

では、また~


H2O ▶ OMOIDE GA IPPAI (1983) 720pᴴᴰ




   

夏にご用心

アベノマスクが届きました。

f:id:Masa-Oka:20200612182308j:plain

今頃もらってもね~と言うかいつもらっても使わないんだけど、本当に届くんだ~とそこの部分はほんの少しだけ感心しただけで、あとは何の思いもありませんでした。

官房長官は記者会見で12日までに96%の世帯に、15日までに配布完了される見込みと言っていたみたいだけど、となると皆さんの所にもマスクは既に届いたのでしょうか?どうします?このマスク.....だいたいこのマスクをする人いるの?なんだか給食当番みたいでするの恥ずかしいよね(失笑) コロナが流行し始めてからこの手のタイプのマスクをしている人見たことないです。あっ、いた。いつも見ている日本在住YouTuberのJohnさんはしてます。


Tokyo’s Gundam Robot is Deserted!


「次なる流行に対応できるよう、洗濯すれば何度でも使える布マスクを多くの国民が保有することにも意義がある」とも官房長官は説明したらしいけど、今洗えるマスクがいくらでも発売されてるしね......どうなの?

我が家よりずっと先にマスクをもらっていた知人宅ではマスクを広げて"ふきん"にしたそうですよ。うちとしてはせっかくお国から頂いたものだし捨てるのもあれなので、近くのデイケアセンターに寄付することを考えています。ちゃんとマスクとして使ってもらえればアベノマスクも本望でしょう。

2,3週間前ぐらいからどこのお店もマスクが山積みになって売ってますよね。しかも誰も買っていない。みなさん既に沢山持ってるんでしょうね。僕自身マスクを何枚持っているのか数えてみたら162枚でした。しばらく買わなくて良さそうですが普通のマスクではとにかく暑いっ!なので夏マスクを買ってみようかなと思います。しかもお洒落な柄のやつ。買ってみて機会があれば紹介したいと思います。でも正直この季節にはマスクはしたくないですね。寒い時期は常にしていても不快ではないけれど、今の暑さの中では僕はどこかの店に入る時だけマスクをつけて、車に戻ったら速攻で外します。あごにかけておくことすら嫌。自分ひとりだけしか乗ってないのにマスクを着けて運転している人を多く見かけるけどそんな人の気が知れません。昨日買い物に出かけたらマスクをしていない人もちらほらいて、下校途中の高校生なんかは殆どマスクをしていませんでした。みんな暑くて苦しいから嫌なんでしょうね。

僕の予想では国内でのコロナはこのままダラダラと行くと思うんですが、無理してマスクして熱中症などでぶっ倒れる人は例年よりも激増するのではないかと思います。皆様も夏のマスクにはご用心ですよ。

では、また~




 







 

第2波は来るのか?

第2波と年末に起こりうるスーパーバグ............

 

緊急事態宣言&自粛要請で休業していたうちの家業も5月16日から再開し、少しずつ活気が戻ってきました。コロナ以前の状態に戻るにはまだまだ時間がかかりそうですが、とりあえず営業できて商売も成り立っているのでホッとしています。

さて、前々回の記事で14歳のインドの少年が2019年11月~2020年4月にかけて疫病が世界中で蔓延することを自身のYouTubeチャンネルで昨年の8月に予言していたということを書きました。予言の中で少年は、それは2020年3月31日にピークを迎え5月29日には収束するだろうとも語っていました。

僕がそのことについて書いた後、少年はその予言の補足として新しい動画をアップしました。その動画の中で少年は、「世界中のメディアやSNSが僕の予言に注目し話題になっているが、予言内容を間違えて捉えている。"5月29日に収束する"というのは5月29日その日にコロナウイルスが消え去ることではなく、5月29日を境に徐々にウイルスが減少し始めることである」と説明しています。そして、「6月中はこのコロナウイルスに関して良いニュースはない。世界がウイルスの軽減や平和を実感できるようになるのは7月になってから」とも付け加えています。

前々回の記事ではただ英文を添付しただけで詳しく説明しなかったので、ちょっとここで彼の予言を要約してみたいと思います。

インドに住むその少年の名はアビギャ・アナンド君(Abhigya Anand)。年齢は14歳。占星術師としてYouTubeにConscienceというネームで動画をアップしています。いくつか動画を視聴してみて、14歳でまだあどけなさが残りますが、占星術に基づいた彼の予言には説得力がありなかなかのものです。

占星術から導かれた彼の予言によると、2019年11月~2020年4月にかけて火星、木星土星の並びが連結すると同時に、月とRahu(羅睺?)も連結するのだそうです(すみません。羅睺が何なのかいまいちわかりません) 火星、木星土星は太陽系の外輪にあることから、最も強力な惑星と考えられており、その三つが整列して並ぶのは非常にまれなケースで、そうなった場合には極めて強い影響を地球に与えるのだそうです。また、月は水のような広がりの惑星、Rahuはコミュニケーターの惑星と考えられ、月とRahuの連結も極めて強い力を地球に及ぼすのだそうです。月は水のような広がりということから、咳・くしゃみで病気を広めるので、社会的距離、つまりソーシャルディスタンスが重要になってくるとのことです。惑星による地球への悪影響は3月31にピークを迎え、その後惑星の並びにずれが生じてくることからその力は弱まり、5月29日を境に病気の報告数は徐々に減少に転じ、7月頃から落ち着きを実感できるようになるそうです。また、病気の蔓延に加えて世界経済も大打撃を受け、特に航空、自動車、輸送関連は最も影響を受けやすく、2021年11月まで経済的ダメージは続くであろうと予言をしています。

病気の世界的蔓延、咳、くしゃみ、ソーシャルディスタンス、航空業界のダメージ..............これを昨年の8月に予言していたのですから驚きですよね。

彼が言う病気が減少し始めるであろう5月29日。それから1週間も過ぎていなので検証するにはまだ早いかなとは思いますがどうでしょう......毎日、こちらのサイトで観察をしています↓↓↓

www.worldometers.info

このサイトで各国の感染状況を4月初旬から毎日見ていて気付きましたが、世界的にみると徐々に患者数が減少しています。アメリカは感染者180万人越え、ブラジルでは新規陽性者1日あたり2万人越え、その他の国でも1日5000人プラスなど、いまだに日本とは遥かに桁が違う状況の国が沢山ありますが、でもそういった国でさえも日に日にTotal Recovered (治癒者)の数が増え、Active Cases (患者数)が減っており、本当に緩やかですが減少傾向を確認することができます。毎日1%前後で患者数が減っているので、このままうまくいけば7月下旬にはほぼ世界からコロナ患者数がいなくなる計算で、アビギャ・アナンド君の言う通りになるのです。と、僕は勝手にそう思っています。

もう僕はアビギャ・アナンド君信者なのですよ。

ですので、都内の陽性者34人だの東京アラートとか騒いでますが、あれ殆どが院内感染と夜の街でしょう? あたかも市中あちこちで感染が広がっているようなメディアの報道の仕方がどうも気に入らないんですよね。新規感染者数だけを報道し恐怖を煽ることによって人々が気を引き締めるので、感染拡大防止策としてそれはそれでいいとは思いますが、どれだけの人が退院し完治しているのかという安心の部分も伝えることも大切だとは思います。だからあんな自粛ポリスみたいな歪んだ正義感をふりかざしたヤカラが出てくると思うんです。 昼間のTVでこれから着実に右肩上がりで陽性者が確実に増え行きますよと某先生が仰ってましたが、6月3日は東京12人。たぶんドッカーンと行かず小さな山でダラダラと行くんじゃないかとこれも勝手に想像しています。全国的にね。そしてインド少年の予言と僕の推測と願いを込めて、第2波は来ない! そう信じたいですね。

現時点での最新情報として6月4日は東京は28人、感染経路不明者がうち14人。第2波は来ないと信じたいが、ちょっと微妙な数字になってきている.............とにかく明日はまた下がることを願いたいです。

とりあえずこれからも僕自身気を緩める気はありません。手洗い徹底、外出時はマスク必須、ソーシャルディスタンスを守り、汚い手で顔、目、口を触らない! ですから、みなさんもルールを守って第2波が来ないように頑張りましょう。

ただ仮に第2波がこないとしてもこっからが怖いの.........
アビギャ・アナンド君、更なる予言してますよ。
今年の12月20日から来年の3月31日まで、今とは比べ物にならないより深刻なパンデミックが世界を襲うと予言しています。しかもそれは現在のコロナウイルスの第2波ではなくて、完全に新しいウイルスによるもの...........現在のコロナウイルスに対するワクチンは開発されるであろうが、別の種類のウイルスが発生し, いかなる抗生物質も効かないスーパーバグが発生し、世界中が現在の状況よりも更に深刻になるであろうと.........その苦難を乗り越えるには免疫力をつける以外は方法がないとも言っています。それには有機野菜とウコン(彼がインドだから?)を積極的に摂取すべきとのことです。

数ある予言者・占い師が世界中にいる中で彼ひとりがしかも昨年の8月に現在のコロナウイルスを予言し見事に的中させていたことを考えると......................怖いというか何と言うか

ウコンはあれだけど、オーガニック関連の食材を積極的に摂取したいとは思いますが、オーガニック食材って高いんだよね、ん~、そこが難点。

とにかく第2波もスーパーバグも来ないことを祈るばかり

では、また~



 

 







4年前の今日

いま会いたい人......それは

緊急事態宣言発令中のため、うちの家業も4月21日から休業していますが、5月16日から再開することになりました。

こんなに長く休んだ経験がないし、いつ再開できるのかわからなかったので不安で仕方がありませんでしたが、再開の日が決定したことで気持ちがとても楽になりました。

再開が決まってホッとしてお茶を飲みながらくつろいでいる時に、何気なくスマホのアルバムを開いてみたんです。すると"4年前の今日の出来事"として、2016年5月10日に撮影した1枚の写真が一番上に出てきました。父がストレッチャーに横たわり車(ストレッチャーごと乗せられる介護送迎専用車)に乗せられている時の写真でした。

あ~、今日だったんだぁ...........

母と兄にそのことを話して3人で4年前の今日の思い出話を少ししました。

末期の膀胱癌で肝臓と骨にも転移していた父は毎日毎日病院のベッドで「家に帰りたい」と言っていました。痛くて起き上がることも出来ないのに一生懸命起き上がろうとして「さぁ帰るぞ」とか「車をここまで持ってきてくれ」と言うのが日課でした。主治医に1日だけでも帰宅させることが可能か尋ねると危険すぎるということで認めてはくれませんでした。

それから数日してからでしょうか。その主治医の先生、とても熱血タイプでとても信頼のおける医師(その病院では断トツ人気の有名な先生)だったのですが、僕ら家族の気持ちを無視することなく僕ら家族には内緒で病院側と父の外出についてきちんと協議してくれて、次の3つの条件で外出許可という返答を頂きました。

①外出は4時間だけ
②ストレッチャーごと乗せられる車を自分で用意できること
③看護師が1人付き添うことを看護部長が許可してくれること

父の「家に帰りたい」という思いをわずかな時間でも叶えられる可能性が出来て心の底から嬉しかったです。

ストレッチャーが乗る車。最初は戸惑いました。自分で用意して下さいと言われても、どうしたらいいのか........すると病院側から介護送迎を行っている会社を紹介されました。そしてそのことを知人に話すと、なんとその介護送迎をしている会社の社長さんを直々に知っているとのことですぐに手配をしてくれました。そして更に驚いたことに、偶然にもその社長さんは父の大学のアイスホッケー部の後輩。父より20歳位後輩なので父との面識は全くない方でしたが、まさに体育会系育ちで「先輩のためです。私に任せて下さい!」と力強く言ってくださいました。本当にいい方でした。

③の看護師1人が付き添いというのがクリアできるかが一番心配でした。と言うのも、これまで看護師が付きそった外出許可はその病院では前例がないとのことで、看護部長が許可してくれるかわからなかったからです。しかし、これも無事にクリアしました。後で別の看護師さんに聞いたところ、S先生(主治医)に対する絶大な信頼があるからこそ実現したとのことです。

そして、2016年5月10日、念願の父の一時帰宅が叶ったのです。

うちにいられたのは2時間程度でした。父の大好きな水羊羹を用意しましたが、それを口にすることはありませんでした。家族と親戚の叔父・叔母でストレッチャーに寝た父を囲んで沢山話をしました。父はただ黙って話を聞くだけで「うん」とか「あー」ぐらいしか言いませんでした。病院への帰路の途中、「楽しかった?」と聞いたら「疲れた」と言っていました。

次の日病院へ行くと、看護師さんから「お父さん、すごく喜んでましたよ~。うちに帰れて嬉しかった~って何度も言ってましたよ」と聞きました。僕らには「疲れた」とだけしか言わなかったのに.......でもそれを聞いてわずか2時間程度だけど帰宅させることができて、先生に無理を承知で頼んでみて本当に良かったと思いました。

そして、それから6日後の2016年5月16日、父は旅立ちました。

コロナ禍で休業中ですが、店の再開を決めたのが今日5月10日。
4年前の今日、父が一時帰宅した日。

店を再開する日は5月16日。
4年前の5月16日、父が天国へ旅立った日。

甥っ子は、「何でもかんでもじーちゃんに結びつけるんだから」と笑うけれど
息子の僕としては何か運命を感じました。

はてなブログの現在のお題が「いま会いたい人は誰?」

 

僕がいま会いたい人

それはお父さん

僕にとってたったひとりの永遠に76歳のお父さん

今頃天国で何してるのかな........

今、"お父さん"とタイピングしたら急に涙が溢れ出てきてしまいました.........

この2年ぐらいは涙を流すことなく父のことを考えられるようになったのに、今日はちょっと涙腺がゆるいようです。

涙を流したら、

コロナ禍なんかに絶対負けない!

中小企業経営者側の人間として

そう決意が固まりました。

では、また~










 

 

 

 

今週のお題「会いたい人」

Do you believe this or not ?

コロナウイルス, 今後の予言

ある英語記事に言及しているツイートを見たのでその記事を読んで見ました。

インドの14歳の少年が去年の8月、彼自身のYouTube動画で2019年11月~2020年4月にかけて世界中に病気が蔓延することを予言していたそうです。咳やくしゃみで病気が広がるので、人との距離を保つことが重要だとも言っていたそうです。そして2020年3月31にそれはピークを迎え、5月29日に人間の力によってコントロールできる、つまり終息に向かうだろうとのことです。いちおその動画を見てみましたが、ホントに去年の8月にそう予言していたみたいなんですよね。予言通りそうなればいいのですが........
単なるイタズラ的な記事なのでしょうか? それともエイプリルフール?記事の内容を検証するべく、明日から世界の感染状況を以前にも増して注視したいと思っています。

僕はどっちかと言うと、こんな状況ですから信じる!と言い切りはできませんが、信じたい気持ちでいっぱいです。

記事は英文なので、時間があるときに訳して載せたいと思います。

信じるか信じないかはあなた次第です。

 

Corona Virus To End May 29th, Says Indian Boy Who Correctly Predicted It's Start, 8 Months Ago

 On August 22nd 2019, on his YouTube channel conscience, 14 year old Abighya Anand, predicted that the world will enter into a tough phase starting November 2019 to April 2020.
 This 6 month period will see spread of a global disease and rise in global tensions. At the height of it all will be March 31st which will mark the climax of this state, with the world looking tense.
 However on May 29th as the earth orbits away from this tough period, it will mark the decline of the global disease as spread of it will be more manageable.
 Anand, is a famous Indian protégé who has been featured on numerous magazines. Notably in 2013 he was interviewed on the Indian Times where his astrological skills were put to test. And to the amazement of many, his knowledge on astrology was considered child’s play.
 He has rightly by use of astrology predicted prices of gold and silver and other Indian related activities.
 On the corona virus, it is to be noted that it is a global war. A war between the virus and humanity, and whether governments are involved is your guess. But one thing is clear, it is war nonetheless. This he insists. Why Anand considers March 31st to be the climax is based on astrology. Where he cites that Mars will conjunct with Saturn and Jupiter while the Moon and Rahu, will also conjunct. Rahus is the north node of the Moon.
 This is a rare occurrence since in astrology Mars Saturn and Jupiter are considered the most powerful planets due to the fact that they all are on the outer ring of the solar system. Hence when they are all aligned, their power over earth is enormous.
 While as for the Moon and Rahu conjunction, it is also very powerful since the Moon is considered the planet of watery spreading. While as for Rahu it is considered the communicator planet.
 In terms of watery spreading he notes that, the coughing and sneezing will happen mostly at this time thus spreading the disease further. It is thus vital to observe social distancing during this time. That is March 31st and April 1st.
 As for May 29th according to his astrological understanding the axis will be broken, and thus the planetary arrangement more favorable for a cure.
From this point on cases of reduction of the disease will be reported. As for the economy, the slowdown is predicted to end in November of 2021.

では、また~ 
 






 

全員集合世代

志村けんさん....................

彼の訃報は衝撃があまりにも大きすぎて言葉がありません。

全世代に知られて人気のある方だから多くの人が衝撃を受けたことでしょう。しかも新型コロナウィルスによる肺炎が原因だなんて......

新型コロナウイルスに感染した人の遺体は、「非透過性納体袋に収容、密封することが望ましい」、遺族等の意向にも配慮しつつ「極力そのままで火葬するよう努めてください」と厚生労働省が葬祭業者に示しているようで、ご親族の方は志村さんの顔を見ることもできずお別れしなくてはいけない可能性もあるそうです。そんな悲しいことってある?信じられません........

僕らの世代にとっては、土曜の夜8時と言えば「8時だョ!全員集合
物心ついた頃~中学時代、家族全員で毎週見てました。「オレたちひょうきん族」が台頭し始め全員集合の人気に陰りが出てきても、うちは最後まで全員集合派でした。

全員集合だけではありません。「ドリフ大爆笑」「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」「志村けんのバカ殿様」「志村けんのだいじょうぶだぁ」も見ていたので、おそらく志村けんさんが僕のこれまでの人生の中で最も多くTVで見たコメディアンかもしれません。あ~、あと森光子がお母さん役のドリフの番組もありましたよね。同世代の方なら知ってると思います。色々と思い出します。

加藤茶が「コロナが憎いです」と追悼コメントを出していたけれど、ホント憎いですね。志村けんさんの訃報を受けて、中国や中国人に対するヘイトコメントが激増したそうだけど、色々と言いたい気持ちもわかります。でも今はそんなことをしている場合ではないと思います。とにかく感染を予防し、感染を拡大させないよう努めるべきですね。

京都の大学生
大学側が何度も告知したにもかかわらず(よって大学側には一切の責任はない)、感染拡大中のヨーロッパに旅行し帰国後クラスターを引き起こす始末。無責任にも程がある。

3月21日にガラガラの飛行機でホノルルへ向かい、結局23日に緊急帰国した人の動画をYouTubeで見たけれど、誰も歩いていないワイキキの貴重な映像をありがとうという気持ちはあるけれど、何で行くかね?と理解に苦しみます。

こういった無責任な行動をとる人達や、自分は大丈夫と思っている人達(特に若い世代)に、コロナウィルスの恐ろしさが志村けんさんの死を通してきちんと伝わればいいなと思います。

最後に、志村けんさんのやつで何が面白かったかなと考えたら色々とあるんだけれど、僕はバカ殿で由紀さおりとの掛け合いが好きでした。

では、また~

 


ドリフターズ コント集 バカ殿(9)



 


バカ殿様 由紀さおり 年齢詐称