GAYひとり大地を行く

40代ゲイのひとりごと。19年間の社会不安障害との闘いを乗り越え、現在はより良い人生を求め日々模索中です。

パスポートを取ってきた

新しいパスポートが出来上がったので受け取りに行って来ました。
これまでの人生、4冊目のパスポートになります。
今回はいくつ出入国のスタンプが付くのかなぁと思ったら、最近は自動化が進んでスタンプが付かない場合もあるんですよね。それって何か淋しい気がしてなりません。

パスポート用の写真は、これまで沢山のコンクールで賞を受賞している若手写真家さんが経営するフォトスタジオで撮影してもらいました。街中にあるスピード写真の機械だと真っすぐ向いているつもりが下を向いていたり、ブッサイクが更にブッサイクになったりして残念な仕上がりが多く、何度も撮影し直して無駄にお金を使ったりしてしまうんですよね。

今回はさすがプロのカメラマン。「もう少し顔をこちらに~」「もう少し笑顔で~」「肩をもう少し張って~」などなど声をかけながら、時折洋服のしわを直してくれたりして、「はい、いい笑顔ですよ~」なんておだてられながら撮影するもんだから、こちらも気分が乗ってきて、お見せ出来ないのは残念だけど大満足な素敵な写真に仕上げて頂きました。お値段は1,600円しましたが、自分で撮影して何度も撮り直してお金無駄にするのであれば、プロに任せるほうが断然お得だなと思いました。

またパスポートの有効期限を5年か10年にするか迷いましたが、長い目で見ると10年有効は6,000円のお得ということで10年有効で申請しました。でも、よくよく考えてみると10年って長いですよね。そして少々怖い......だって10年後って、僕なんか50を余裕で越えちゃってますからね。怖いとか何とか言ってもどうしたって50代は必ずやってくるのですから、とにかく素敵な50代にしたい。そのためには日頃から健康に気をつけて毎日を大切に生きていかないといけませんね。10年有効のパスポートを手にして、そんなことをつくづく考えました。

そして今は毎日毎日、旅行ガイド読みながら頭抱えてます。ラスベガス、ロサンゼルス、見るとこありすぎ! しかも、17歳と40代の旅ですからテイストが違う訳ですよ。甥っ子も僕もお互いが楽しめる所をチョイスしないといけないのでそこに四苦八苦しています。行ってみてもし気に入れば、今回は行けない所を目指して自分ひとりで2度目もあるかなと思いながら計画を練っています。

1日1日と出発の日が近づいて来ています。ぼやぼやしているとアッと言う間にその日が来てしまうので、何を着ていくとか持って行くとかで既に一人大騒ぎしている今日この頃です。

    

    f:id:Masa-Oka:20190115231002p:plain

日頃"ロサンゼルス"と言っていますが、地球の歩き方の"ロスアンゼルス"というタイトルを見て、えっ?と思いました。どっちもありということですが、外務省表記やその他殆どの場合が"ロサンゼルス"なんだそうです。"ロスアンゼルス"の表記ってあんまり見ないですよね。


では、また~


やっと「おっさんずラブ」を見た

おっさんずラブ

全話、初視聴しました。

昨年の放送時にはいつも見逃してしまい、DVDレンタルされるまで待つしかないのかなと思っていたところ、正月に全話一挙再放送され録画しておいたものを見ました。

率直な感想

面白かった~!!!

全話を一気に見るのはしんどいだろうから、時間がある時に少しずつ見ていこうと思っていたのですが、見始めると面白くてどうしても次が気になって、結局全話を1日で見てしまいました。

よくある陳腐なドラマだと、ゲイキャラクターっておねえ系で、それを演じる俳優さんもわざとらしく誇張して演じることが多く、作り手側のどこかしらゲイを小馬鹿にしてる感ってありますよね。ストーリーそのものにしても、ゲイゆえに一人の人間として社会に受け入れられない葛藤を悲壮感満載で描いたりして、"ゲイって可哀そう"みたいな異性愛者の上から目線的な仕上がりになっていて、そういう作品ってどうも後味が悪く消化不良な感じがして好きにはなれませんでした。

でもこの「おっさんずラブ」に関しては、男同士のラブストーリーを"一風変わったもの"とか"異様なもの"として描いている感が全くなく、キャラクターもゲイゲイしくなく、ストーリーも丁度良い楽しさで、何とも心地よいドラマだなと思いました。本当にシンプルなラブストーリーだと思いました。

ひとりひとりのキャラクターもとてもいいですね~。

はるたん(田中圭)、ちょっとずるいよね。なんか反則。だって馬鹿さ加減も絶妙だし、まず何よりかっこ可愛いすぎる。もてるのわかるわ~。はるたんのことは子分にしたいなと思って見てました。パシリに近い子分(笑) 弟でもいいかな。ちょっと歳の離れた弟。弟だったら完全にパシリ。僕は実生活では弟の立場で、どうしても弟っていうのは兄貴にパシリにされるんですよね。今でもそうです。ですので、僕にも弟がいて、その弟をパシリに使うということにちょっとした憧れがあるんですよ。はるたんみたいのが弟だったらおもしろいかなと思います。

牧(林遣都)、武川(眞島秀和)、黒澤部長(吉田鋼太郎)もそれぞれに良いですよね。牧君も可愛いから、子分にしたいと思いました。可愛いから色々とえこひいきしちゃうかも。黒澤部長もはるたんのことを思うとお茶目になって可愛らしいと思いました。外見的に僕のタイプではないけれど、はるたんに対する思いの様に一途に思われたら、黒澤部長もありだなと思いながら見てました。武川さんはキャラクター的には少々苦手かも。でも演じていた眞島秀和って素敵な方ですよね。ほとんど存じ上げなかった俳優さんだから、どんな人なのか色々と調べてしまいました。

黒澤蝶子さん(大塚寧々)も大好きだわ~。ああいう人が世の中に増えればとさえ思いました。最初はご主人の相手がはるたんだと知って驚いてたけど、しまいには応援してくれてたもんね。出来た人だよ。それと会社のおばちゃんだかお姉さんだかわからない瀬川さんっていう人も近くにいたら面白いだろうなと思いました。登場人物みんなが良かったから、そういうのもこのドラマの心地良さかもしれないですね。

はるたんを演じた田中圭は今や大ブレイクしたけど、8年前のNHKの朝ドラ「おひさま」に井上真央の戦死するお兄さん役で出演していたので、その頃から彼の存在は知ってはいたけど、その当時も好印象ではあったんだけどまさかこんなに人気俳優になるとは思っていなかったから、人生ってわからないなぁとつくづく感じます。

他の人はどう感じているかわからないけど、田中圭ってどことなく田舎っぽい感じがしません?僕は彼のそこが好きなんですけど、調べてみたら東京生まれ東京育ちのバリバリの都会っ子なんですね。驚いちゃった。逆に、武川さんを演じた眞島秀和の方が都会の香りが漂ってくるので調べたら、こちらは山形出身。そういう雰囲気を感じさせないというのは俳優さんとして様々な役を演じるうえでは素晴らしいことですよね。

最後にこのドラマの中で好きなシーンを挙げるとしたら、最終回ではるたんが牧に向かって「俺と、結婚してくださーーーーーい」と叫ぶシーンです。そこだけ巻き戻しして2回見てしまいました。

ん~、たぶんそれは僕自身、愛に飢えている証拠ですね(笑)

そのシーンを見て、色々頑張ろうと思いました。(何を頑張るんだか......)

というわけで、ようやく「おっさんずラブ」を見ることができたわけですが、とってもいいドラマだと思います。続編希望しますし、映画化もされるとのことでそれも楽しみです。

まだ見ていない方、機会があったらぜひ見てみてください。

では、また~

新しいスタート

新年あけまして
おめでとうございます。

そして、いつも読んでくださりありがとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

昨年は、ありとあらゆることに対してモチベーションが起こらず適当にやり過ごしてしまい、結果として実りのない1年になってしまいましたが、今年は昨年の繰り返しにならないよう、心改め毎日を大切に過ごして行こうと思っています。

せっかく2019年という新しいスタートに立ったのですから、昨年のことは潔く諦め、これからのことだけを考えていこうと思っています。

ただ、あまりハードルを高くしすぎると出来ないで終わってしまうというのは目に見えていますから、無理をしない範囲で、少なくとも2018年よりは良い年になるよう努めていきたいと思っています。

近々の目標ですと、来月のアメリカ旅行に関してです。とにかく楽しく有意義な旅にしたい。2016年に父を亡くして以来、色々なものを背負いすぎて、自分の殻に閉じこもりすぎて、外へ眼を向けることができないでいたから、今度の旅が良いきっかけになってくれればと願っています。旅行のことを考えるだけで心が躍るので、こういう機会が巡ってきたこと、それだけでも感謝しています。

家業も頑張ります。でも、仕事一辺倒にならないように、ほどほどに。ほどほどって言っても適当にならないようにそこは気を引き締めて。

それと、もっと遊ぼうと思います。全然遊んでない.........

そして最後にこのブログについての抱負。

とにかくマイペースで書きたいことだけを書きます。よく思われたいと思って自分を繕ったり偽りのことを書かない。ありのままの自分をさらす。これまでもそうしてきました。今後もそのスタンスで行きます。

そんなわけで、今後も皆さまの役に立つようなことは一切書かず、自分のことだけをツラツラと書いていきますので、今まで通りお付き合いくだされば幸いです。

あっ、そうそう。
今年も僕にとっての神的存在、聖子ちゃん応援していきますよ~。
アメリカから帰ってきたら、すぐ渋谷で聖子ちゃんのJAZZコンサートに参加しますから今年の冬は忙しいです。夏には勿論、武道館コンサートだよ。

今年一発目の音楽は先日の紅白でも歌った「天国のキッス」で行きます。


松田聖子 天国のキッス


最後にもう一度、どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

では、また~  







今週のお題「2019年の抱負」


Time to say goodbye to 2018

Mattです。

2018年も残りわずか。僕個人的に、"ホントに2018年ってあったの?"と思うぐらいアッと言う間の1年でした。

この一年を振り返ると、自分の人生において過去に例がないぐらい適当に過ごしてしまい、ただただ猛省するばかりです。

晦日というと、以前は大好きな松田聖子様のカウントダウンコンサートに行って奮発して高級ホテルに泊まって新年の朝を迎えるというのが僕の恒例行事だったのですが、ここ数年カウントダウンコンサートをやらないので静かな静かな大晦日を過ごしています。

この1年いい加減に来てしまったので、せめて今日の大晦日だけはきちんと過ごしたいと思います。そして紅白の聖子様を見て2018年を締めくくりたいと思います。

この1年、途中休業もありましたがこのブログを読んでくださりありがとうございました。また来年もマイペースで書いていきますのでよろしくお願いします。

では、また来年
よいお年を!

 

 

最後のHoly Night

Mattです。

Merry Christmas!

f:id:Masa-Oka:20181225001719j:plain

今年のクリスマスはいかがお過ごしですか?

僕は全日本男子フィギュアを見ながら、静かな静かなクリスマスイブを過ごしました。

ロマンティックなクリスマスイブを過ごす特別な相手はいないし、毎日毎日2月のアメリカ旅行の事で頭がいっぱいでクリスマスのことなんて考えてもいなかったから、今朝になって「もしかして今日クリスマスイブ?」みたいな状態で、とりあえず雰囲気だけでもと思いケーキを買ってきました。

いつもは大きなホールケーキを買うのですが、旅行に相当のお金がかかりますから今年は節約。ショートケーキ2切れのみで終わりです。

旅行も日程が全て決まり、いよいよ明日支払います。入金したら、航空券に関しては一切変更不可、キャンセルしても1円も戻ってこないということで、いよいよ明日の入金をもって旅行が現実のものとなります。

10泊12日、ラスベガス、ロサンゼルス、アナハイムの旅です。

一番難航したのはロサンゼルスのホテル選び。立地、グレード、口コミを参考に徹底的に調べ上げて今日ようやく全て決まりました。せっかくの旅行ですから、妥協したくないんですよ。だから、旅行会社さんが提案してくるホテルもことごとく却下して選びに選び抜いて希望のホテルが取れました。

パスポートは去年期限切れとなり、長年愛用したスーツケースも去年処分してしまい、これから色々と準備で慌ただしくなります。

とりあえず、旅行の日程が決まりホッとしているクリスマスです。

クリスマスって一言で言うけど、よくよく考えてみたら"平成最後"のクリスマスなんですよね。だからって特別な思いは別にないんですけどね。

平成最後のHoly Night と言うことで懐かしいクリスマスソングを1曲。間違ってなければ、僕が中学2年生の時のヒット曲。杉山清貴の「最後のHoly Night」
レコード買いました。レコードだからね。レコード! CDなんてないから! 若い諸君には杉山清貴なんて初耳かしら? 杉山清貴&オメガトライブも知らない?「ふたりの夏物語」聴いてごらんなさい。いい歌だから!


最後のHoly Night 杉山清貴

ついでにこの曲も


ふたりの夏物語 - 杉山清貴&オメガトライブ

では、また~

チャンスの女神にうしろ髪はない

Mattです。

以前、僕と甥っ子の二人でアメリカ西海岸へ旅行に行くかもという記事を書きましたが、来年2月、現実になりそうです。

ただ、例えばサンタモニカの風に吹かれながらビーチを散策することを想像すると心が弾む一方、それ以上にあれやこれや心配や不安な事がやたらと頭をよぎり落ち着きません。旅行サイトやブログでの旅行記を読みあさり、YouTubeで旅行動画を見まくり、毎日頭の中で色々とシミュレーションをしています。

2001年に日本完全帰国以来、行くのは第二の故郷ハワイばかりで、もし今回西海岸に行くとなると、シアトルを離れたのが1997年なので米国本土上陸は21年ぶりということで考えるだけでドキドキしてしまいます。

この旅行についてあれこれ考える中で、ふと20歳の頃を自分を思うと、凄かったね自分!って思います。

20歳の時に初渡米した際は全てがぶっつけ本番みたいなようなもの。当然ながらネットなんてない時代だから今みたいに膨大な情報が入ってこないにしても、留学先の学校のことも街のこともよく知らないまま、それまで飛行機に乗ったこともない、英語もできない、しかも社会不安障害の症状がピークを迎えていた最中、よくもまぁ全く未知の国アメリカにたった一人で行ったものだと思って、今となってはつくづく20歳の自分に感心します。ほんとに何も怖くはありませんでしたね。今みたいにシミュレーションなんてせずに、ただポ~ンとアメリカへ行ってしまった感じです。

ワシントン州のプルマンという小さな街からシアトルへ移る時も、シアトルからホノルルへ移る時もそうでした。何も考えずにポ~ンと移動しただけ。ホノルルに移った時は住む所もないのにそのまま行っちゃいましたから。ホテルに滞在して1週間ぐらいでパッと住まいが決まったからいいものの、そうでなかったらどうだったんでしょう。それでも平気だったでしょうね。

今、同じことが出来るかと考えると正直できません。余計な知識が身についちゃってるし、事前にあれこれ下調べしてからでないと不安でなりません。

恐れることなど何もない、失うものなんて何もない、そんな思いで行動できたのはやっぱり正真正銘、本物の若さがあったからなのでしょうね。

あの時と同じ若さはもう自分にはありませんが、だからと言ってただ静かしているのももったいないと思うんです。やりたいことがあったらどんどんチャレンジしたいし、チャンスが巡ってきたらそのチャンスを逃さないようにするみたいな心構えは常日頃持っていたいと思います。

なので今回のアメリカ西海岸への旅行はかねてから実現したいことの一つだったし、こんなチャンスめったにないので不安はありますけど"行くべきだ"と思っています。だって、これから先どうなるかわからないし、行ける時に行っとかないと後でどうせ後悔するだけだろうから。

"チャンスの女神にうしろ髪はない"といいますよね。

チャンスというものはあっという間に目の間を通り過ぎ、「しまった!」と気づいて手を伸ばしても、既に遅し。うしろ髪のないチャンスをつかむことはできないのですから。

この何年か精神的な低迷期が続いています。今回の旅行はそんな状態から抜け出せる大きなチャンスなんじゃないか.......そう思えて仕方がありません。

ラスベガス(カジノなしでも、子供でもかなり楽しめるとのこと)→グランドキャニオン→ロサンゼルス(サンタモニカ、ハリウッド、ビバリーヒルズ、ユニバーサルスタジオ)→アナハイムディズニーランド)を周遊する予定で考えています。

明日も明後日も調べ物で落ち着かなくなりそうです。

では、また~

ブログ記念日

Mattです。

このブログを始めて1年が経ちました。

何度やめたいと思ったか数知れず、嫌気がさして実際に2ヶ月閉鎖したり過去記事を大量削除したりするなどアップダウンはあったけど、まぁ今もこうして更新してるのだからとりあえず良しとしましょう。  

 今はやめたいと思う気持ちはないし、たぶんそう思えるのは色々と吹っ切れたからだと思います。

以前は頻繁に更新しなくちゃいけないと思っていたし、他の方々の素晴らしいブログを読むと自分のブログが極めて薄っぺらな内容にしか思えなくて悲しくなって苦しくなって......それで2か月間一時閉鎖に至ったわけだけど、よくよく考えたらブログなんてちょっとした趣味の範囲でやってるわけだから毎日更新する必要はないし、内容だって自分は自分だしね。他人様と同じようではせっかくの僕の個性が生かせないし、だったら自分のペースで書きたいことを書こうとそう思えるようになりました。

子供の頃は"おかま"と馬鹿にされ仲間外れにされ、高校生になってようやく落ち着いたと思ったら今度は社会不安障害発症。障害を抱えながら逃げるように渡米してアメリカで8年。快方に向かっていた障害も帰国したら再び悪化。その後障害と悪戦苦闘を繰り返し発症から19年の時を経て克服。そして今40代。砂の数ほどの悩みを抱えた40代。100%ゲイの40代。

それが自分ですし、せっかくブログの世界ではゲイであることを堂々と宣言しているのだから、ゲイとしての自分が書きたいことだけ書いていこうと思います。ただ40代だから、20代や30代の人が書くような"若い記事"は書けないの。だからそこんとこは大目に見てくださいね。

これまで読んでくれた方々(特にリピートしてくれている方々)には大変感謝してます。これからもマイペースで書いていきたいと思っていますので、よろしくお願いします。

では、また~