GAYひとり大地を行く

40代ゲイのひとりごと。19年間の社会不安障害との闘いを乗り越え、現在はより良い人生を求め日々模索中です。

バイタリティよ、再び

Mattです。

今日はとても涼しい一日でした。今週は台風上陸が心配ですね。そして台風が去った後には再び暑くなるようで衣類や寝具の調節が難しいところです。

さて、皆さんは海外ドラマは見ますか?

僕は在米歴8年。"中途半端なアメリカかぶれ"であるため、アメリカのドラマは好きでよく見ます。ただ残念ながら最近は"これだっ!"と思えるドラマに出会っていません。また、宮中が舞台の勧善懲悪・韓流ドラマも好きです。今夜からNHKBS放送で始まった「秘密の扉」というドラマを見てみましたが、よく理解できませんでした。第2話、3話と見てみないと楽しめる内容なのかどうかは判断できないようです。

一方、僕の高3になる甥っ子は現在, Hawaii Five-Oというドラマに夢中で、僕がかつてハワイに住んでいたこともあって、「○○って知ってる?」「○○って行ったことある?」「ちょっとこのシーンどこだか見てよ」などと質問攻めです。ハワイへ実際に行ってドラマで撮影した場所を巡るのが現在の夢なのだそうです。可愛いもんです。

f:id:Masa-Oka:20180902232404j:plain



そして昨晩、有吉のハワイでの休日を密着した番組が放送されましたが、甥っ子が「一緒に見ようよ」と言うので「嫌だよ~。芸人の休日なんて見たって面白くも何ともないもん!」と言い返しておきながら、飛び飛びですが最後まで見てしまいました。

僕にとってハワイは第二の故郷。幸せを沢山くれた場所です。番組の内容がどうであれ、ハワイの映像を見ると(特にオアフ島), 懐かしさでどうしても引き込まれてしまうようです。

そして何よりハワイは僕が本格的ゲイデビューを果たした地でもありますからね。特別な場所です。こんな素敵な街に暮らせたなんて幸せものです↓↓↓


Aerial Oahu, Hawaii



1997年8月、それまでワシントン州シアトルで生活していた僕は、ハワイ大学3年次編入のためホノルルへ越しました。シアトルではゲイバー通いをしていたものの出会いの出の字すらなかったのに、ホノルルへ越して10日もしないうちにアメリカ人男性A氏と初体験をしてしまうのですから人生何が起こるかわからないものです。しかもそのA氏とはその後わずか1ヶ月ですが一緒に暮らしました。(1か月後僕は夜逃げを実行します)さらに、A氏の外出中に訪ねてきた真っ黒に日焼けしたアジア系青年B氏とも性的関係を持ってしまうなど、あれよあれよ言ううちに2人の男性と関係をもってしまいました(その青年には大好きな聖子ちゃんのCDが入ったままのコンパクトCDプレーヤーを盗まれるというオチがある

A氏との暮らしを解消し一人暮らしを始めた僕は、時間を要することなくハワイでの生活に溶け込んで行きました。アメリカでの生活は5年目を迎えていたので、英語にも不自由することがなくなっていたことが大きな自信に繋がっていたことは間違いないと思います。とにかくアメリカの大学は課題が多いですが、それでも授業や課題はスラスラとこなすようになり、そして時間が許せばビーチに繰り出し(ワイキキビーチにはゲイが沢山集まる特定の場所がある)、サーファーですか?と聞かれるほど真っ黒に日焼けをし、余計な贅肉など一切ない20代のピチピチお肌の体をこれでもか~っと見せるように蛍光色のビキニパンツをはいて闊歩していたことが今では懐かしく思います。

ビーチではよくナンパされましたよ。街を歩いていてもナンパされたことがあります。アジア人は若く見られますからね。日本ではもてなかったであろう僕でさえもハワイでは男性と知り合うことに苦労はありませんでした。言っておきますが、決してハンサムではありませんから!!!

社会不安障害を抱えてはいたけれど、それを上手にコントロールできるようにはなっていたし、まじめでおとなしいふりして、結構イケイケだった20代。

そんな僕も今では40代。身長163cm(せめて170は欲しかった)、体重53㎏の細身でしたが、今では58㎏。標準体重ではあるものの、もうビキニは恥ずかしくてとてもとても着れません。

体はいたって健康です。性欲だって衰えていません(笑)。色々とヤル気満々の気持ちはあるんです。でも、勢いというか瞬発力というか、バイタリティがないなぁ~。いや、ないというよりは実際はあるんだけれどそれを上手く発揮できてないというのが現実です。

そもそも、"ビキニは恥ずかしくて着れない"というような否定的な気持ちの持ち方がいけないのかもしれませんね。

眠っているバイタリティを目覚めさせるためにも、しばらくハワイに行ってないから、思い切ってハワイに行ってビキニでも着てみようかな........

ハワイ旅行記をこのブログに綴るのも一つの夢ですしね......

でも、ハワイに行くなんて言い出すと、甥っ子が「俺も連れてって」なんて言い出しかねないので、彼のハワイ熱が冷めた頃がいいのかもしれませんね。

って、そう思うことがもうバイタリティが眠ってる証拠ですね(笑)   

バイタリティ溢れている人なら、思い立ったが吉日即ハワイだと思います。

頑張ろう......

そんなことを思っている今日この頃

では、また~