GAYひとり大地を行く

40代のゲイ雑記。19年間の社会不安障害との闘いを経て、バリバリのおひとりさまですが頑張って生きています。日々の暮らしで思ったこと、社会不安障害のこと、8年間の留学生活で学んだことなどを綴っていきます。

怒り心頭 新たな決意

穏やかな正月2日目を過ごしておりましたが、親戚のバカ女に心をかき乱された

Masa-Okaです。

 

僕のはとこと結婚した女。青森から嫁いできた女。自分達がお祝い事(子供の進学とかお年玉など)でご祝儀として"お金"をもらえる時にしか顔を見せないこの女。僕はこの女を"青森の集金女"と呼んでいます。この女が今日うちに来ました。自分の娘に代わってお年玉を"集金"しに。

 

以前からこの女のことは大嫌いなので、いつも顔を合せないようにしていたけれど、

今日は嫌いとかそういうことは別にして新年の挨拶をしたら見事に完全無視されました。僕の顔を見ようともしない。僕の存在すら認めようとしない態度でした。

 

50を過ぎて挨拶のひとつもできないような人間はこちらからごめんです。

でも、こういう人間がいるといい勉強になりますね。

自分は絶対にこういう人間にはなりたくない ならない!

新たな決意が生まれました。

 

はとこの嫁ですから僕とは何ら血のつながりのない赤の他人なので

この女がどうであろうと軽く流せばそれでいいのでしょうけど、

どうにもこうにも怒りが収まらず鬱憤晴らしでここに書いてしまいました。

 

この女が着ていたオレンジ色の着物。疲れている時の朝一番の濃いおしっこにしか見えなかった。着物がかわいそう.......

 

もっと明るい内容がこのブログに書けますように......

そう願う今日この頃です。

 

では、また